入れ歯 カワラダデンチャー


入れ歯はあごにぴったり吸い付いていないと動いてしまい、動くと痛いところができるので噛めなくなってしまいます。
そのため完成してから何度も調整に通ったという経験はありませんか?
当院ではカワラダデンチャーシステムという特殊な作り方であごにぴったりい付いて動かない入れ歯を作ることができるようになりました。




機能性と安定性が従来の入れ歯とは比較にならないほど優れ、完成後はそのまま使用でき、7〜10年は無調整か、または若干の調整ですみます。今までの常識では考えられない入れ歯なのです。
最大のポイントは、医師と技工士が力を合わせて、しっかり時間をかけて患者さんが食事をする時の口の中の動的な状態を緻密に治療用の義歯の内面に写し取って、噛み具合やしゃべり具合、また顔とのマッチ度まで何度も調整する事です。カワラダデンチャーは、陶器のように表面は固く滑沢で艶があります。 ご自分の食器だと思って丁寧に取り扱ってください。



水圧加熱精密重合器「重合くん」

ぴったりの入れ歯を作るため、7トンの圧力を20時間以上かけて、最終仕上げをする機械です。
この専用の重合器で最終義歯に置き換えることでカワラダデンチャーが完成します。 従来の義歯製作方法では、仕上げの段階で収縮があり完成後にはどうしても調整が必要になっていました。しかし「重合くん」では、この収縮がないため完成後の調整が必要な時もほんの少しですみます。当院では、2004年から「重合くん」を使って、カワラダデンチャーを完成しています。


この機械はカワラダデンチャーの認定医(当院院長)のみ購入・使用できる特種な機械です。






(医)健和会 マリン歯科クリニック
〒336-0923 埼玉県さいたま市緑区大間木7-5
048-874-1591